小型船舶免許

今日、小型船舶免許の更新のため、手続き・講習会に行ってきました。2回目の更新ということは、免許取得して10年です。早いものです。
平成15年に船舶職員法の大幅改正があったため、いろいろ環境が変わりました。1級~5級だった区分が、「1級」「2級」「特殊」の区分に変更されていて、4級だった私は、「2級+特殊」になりました。自動的に4級→2級となったので、なんだか得した気分です。ちなにみ「特殊」とは、水上オートバイ専用の免許です。
2級になって、以前は操船できる船舶の排水トン数上限が5トンだったものが、20トンに増えました。これでたいていのクルーザーはOKになりました。また、旅客を輸送する船でも講習不要で操船できるようです。観光船の船長を目指せます。
逆に規制が厳しくなった面もあります。最も影響するのは、「飲酒操船が禁止」になったことです。以前は、意外ですが飲酒操船は違法ではなく「マナー」の問題でした。それが、法的に規制されてしまいました。船上パーティーが制限されてしまいます。ボート釣りの時もよく酒を飲んでたので、これは痛いです。

広告