投資信託の経過

昨年、初めて投資信託を買いました。それがちょうど今日で半年経つので、今日の基準価格で収益率を計算してみました。(ファンド選びは、銀行や証券会社の窓口にも行かず、販売員にも会わず、独断でネット購入しました。なんとなく世界REIT(不動産投信)に魅力を感じ、直感で選んだものです)
ワールド・リート・インカム】 『愛称 : 世界家主倶楽部』 (興銀第一ライフ)
2006年8月1日購入 6ヶ月経過で、収益率:22.4%
この収益率の計算では、購入時の手数料・解約時の手数料・源泉所得税などの全部の費用を差し引いてあります。「もし今日付けで解約したら、実際に手元に残る金額」(時価)から、投資額(実際に支払った金額)を引いた、手取り金額(収益)を、%で示したものです。仮に100万円を投資したとすると、半年後に解約して、22万4千円の儲けが出た計算になります。
もう1本、その後に買ったファンドも、同様の計算をしてみたところ、けっこう好調です。
グローバルREITオープン】 (野村)
2006年10月1日購入 4ヶ月経過で、収益率:13.6%
モーニングスター情報(2007-1-31)
「世界家主倶楽部」→1年トータルリターン:39.0% 純資産:3,963億円
「グローバルREITオープン 」→1年トータルリターン:35.1% 純資産:6,658億円
世界REITは昨年から好調のようです。過去1ヶ月の純資産増加ランキングで、上記の2ファンドは、どちらも15位以内に入ってます。「それ行けやれ行け」のファンドになっちゃいました。ちなみにJ-REIT(日本国内のREIT)もこのところ好調のようですが、こっちはなんとなくバブル臭い気がします。市場自体が、構造的にアンフェア・インチキ臭いイメージが根強いです。

広告

また火鍋を食った

また火鍋を食ってきた。今回は新宿で探して見つけた店だ。西新宿のビル街にあるので、狙って来る客がほとんどだと思う。
公公婆婆(ごんごんぽぽ)新宿店
火鍋専門店ではないが、「火鍋コース」をウリにしている。肉は、牛・豚・羊の3種類あり、わりと厚く切ってあるので、スープの味に負けず、ちゃんと肉の良し悪しも解った。わりといい肉だった。スープの他に、専用の付けダレが2種類も出てくる。タレの味も良かった。野菜もそこそこの量だし、〆の麺(またはゴハン)も付いていた。
前回の渋谷の「小肥羊」では、鍋の2つのスープを仕切る部分が直線で、ちょっとイメージと違ったが、今回の「公公婆婆」では、ちゃんと太極図(韓国の国旗みたいな)のように曲線だった。スープの味も悪くないが、入っている薬味の類が少なく、前回の方が濃くて薬膳効果はありそうな感じだ。
「公公婆婆」の「火鍋コース」は、火鍋の他に、前菜(サラダ)、点心2品(ワンタン・小龍包)、デザート(マンゴープリン)も付いて、3500円、けっこうお得だと思う。

ホリエモン-お気の毒-

今日、東京地裁で行われたライブドア事件の最終弁論で、ホリエモンは涙ながらに無罪を主張したそうだ。秀峰は、たまたま昨日から、下記の本を読んでいた。今日、この本を読み終わり、そしてホリエモンが涙したという報道を見て、「なんかホリエモンって、お気の毒」という感想を持った。
ヒルズ黙示録・最終章/大鹿靖明/朝日新書
ニッポン放送株問題では、村上ファンドの村上に「いっしょにフジテレビの経営権を取ろう!」とそそのかされて、ニッポン放送株の大量取得に成功したにも拘わらず、直後、ニッポン放送株が高騰すると、村上氏は「やっぱ売ることにしたから」と、高値になった保有株の大半を売り抜けてしまった。まさに、ホリエモンは村上の手玉に取られた形だった。
ライブドアの証券取引法違反事件も、自社株売却益からの架空売り上げを計上する手口を計画したのはもちろん宮内被告だった。その上、その宮内被告は、中村被告とともに、ライブドアに還流されるべき投資組合からの金の一部を、「着服」してしまったそうである。つまり、事件のもう一つの側面は、ライブドアの資産収奪を狙った宮内被告らの背任横領である。その事実をつかんだ検察は、この背任横領事件を不問に処するのと引き換えに、宮内被告から、ホリエモンを事件の主犯とする筋書きの材料を引き出してきたらしい。(ホリエモン弁護団の主張)
宮内被告や中村被告などの側近にも、ホリエモンは手玉に取られていたことになる。ホリエモンの社長としての役割は、もっぱらマスコミへのパフォーマンスであり、本人も喜んでタレント気取りしている間に、盟友(だったはず)の村上や、側近の連中に、さんざん食い物にされていた。まったくの「バカ殿」ぶりである。これは、日本拝金教の教祖として、その教えを世に広めた天罰であろうと、秀峰は締め括りたくなる。と同時に、「なんてお気の毒な」という同情の念も禁じえない。

GOZMA

昨年大晦日放送のNHK「第57回紅白歌合戦」で、番組中、白組で出演した「DJ OZMA」の演出の中で、女性ダンサーが上着を脱いで上半身裸になったように見える場面があり、視聴者から約750件の抗議が相次いだそうだ。
大晦日は、毎年、格闘技番組を観ている。今回も、TBSで「Dynamite!!」を観ていたので、問題の紅白の「DJ OZMA」を観られなくて残念だった。youtubeで探したら、いくつか出てきたので観てみたら、画質が悪いので本当に女性ダンサーが裸になっているように見えた。これはNHKとしては不祥事の総仕上げ、紅白凋落の象徴的な出来事だと思った。
「NHK 紅白歌合戦 DJ OZMA」(「ザ・たっち」の芸の後に始まる)
http://www.youtube.com/watch?v=gVVZsPyaMtg
PRIDEは、昨年、フジテレビとの間で何やらあったらしく、地上波での放送はなかった。こちらも本当は観たかった。郷野聡寛(ごうのあきひろ)という選手がいて、入場シーン(ダンス)が面白いので結構好きだ。郷野は自ら「GOZMA」と称しているが、実は「DJ OZMA」とはマブダチなのだそうだ。
2006年11月5日・横浜アリーナの「PRIDE 武士道其の十三 ウェルター級グランプリ2006 決勝戦」でデニス・カーン選手と対戦した時の「GOZMA(郷野聡寛)」は、入場シーンで「アゲ♂アゲ♂EVERY騎士」の曲に乗って、本物の「DJ OZMA」と一緒に踊りながら出てきた。この時は女性ダンサーの「裸」はなかったが、なかなか良かった。
「郷野VSデニス」(郷野の入場シーンはかなり後半で出てきます)
http://www.youtube.com/watch?v=OvBP-9MpJB4
大晦日も、「GOZMA(郷野聡寛)」は、埼玉スーパーアリーナで「PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU-」に出場して近藤有己選手と試合をしていたが、その頃、NHKの紅白では「DJ OZMA」が一発やらかしていたということになる。この両人の今後の活躍を期待したい。

超うまいカレーの店

以前に偶然入った店で、その時に食ったカレーがものすごく旨かったのを思い出し、今日、もう一度行ってみました。やっぱり、ものすごく旨かったので紹介します。
インドネシア&タイ料理「ニューガルーダ」
http://r.gnavi.co.jp/b112700/
この店は、新宿歌舞伎町のコマ劇場前、第2東亜会館ビルの屋上にある、「新宿アジア横町」という屋台村の中にあります。本店は浜松市にあるらしいです。ビル屋上にある屋台村と言っても、ビニールなどの壁も天井もちゃんとしてるので、まったく寒くないです。店の内部も、普通の料理屋と変わりません。
「グリーンチキンカレー」と「レッドベジタブルカレー」を食ったが、やはり前回あまりの旨さに驚いた「グリーンチキンカレー」の方が旨かったです。緑っぽい色のスープ状のルーで、具はチキンのみ。でも、とにかくルーが旨いので飽きないです。
今まで数多くのアジアン・エスニック店やインド料理店でカレーを食べ歩いて来たけど、ここに及ぶ旨さは味わえません。いわゆる日本風・洋風のカレーが好きな人にはどうだか解らないけど、インド・東南アジア流のカレーが好きな人は、絶対に納得すると思います。この店、カレー専門店ではなくて、ほかに一品料理が豊富にありますが、そちらは「普通」だと思います。カレーを食いたくなったら、ぜひ行ってみて下さい。ライス付けて¥1050で済みます。

プリンタを新調

元旦に、まだ送付してない分の年賀状を印刷しようとしたら、なぜかプリンタが動かない。異常を知らせるランプが点滅するだけで、まったく反応しない。「Canon PIXUS 850i」という機種で、今まで5年に渡り愛用し、様々なトラブルも経験したが、今回のいきなりの不具合にはまったく対処できなかった。そこで、急遽、新しいプリンタを買うことにした。
特に機能・性能アップを望むわけでもないので、複合機でもない、ごく普通のインクジェットを買うことにした。とりあえずキャノンがいいかと思い適当に探して、「Canon PIXUS iP4300」という機種を見つけ、これにした。前面カセット給紙と背面シートフィーダが両方使えるのと、裏表印刷ができるという2点の機能アップが図れた。たぶん印刷解像度なども向上していると思う。17,800円、安い。
元旦の夕方4時に、ヨドバシ・ネット・ショップで注文した。そしたら、翌2日の朝10時に商品が届いた。早い! 注文からわずか20時間で届いたのには驚いた。
プリンタは、以前から使っているプリント・サーバを経由して繋ぐのだが、プリント・サーバの設定に少し手こずった。既定のNetBIOS over TCP/IPでポートを設定しようとしても、なぜかできない。原因究明する気力もないので、プロトコルをStandard TCP/IP(LPR)にしてポートを設定したら、うまく行った。プリント・サーバが古くて安物なので、双方向通信ができず、一部のプリンタ操作機能は使えないが、まあ普通に使うことはできるので、よしとした。