アフリカ料理

今日、アフリカ料理を食いに、品川区の大崎というところへ行ってきた。
「ブルーナイル」( ゲートシティ大崎店)
手ごろなコース「アフリカ物語」を注文した(¥2,480)
このコースは、メインディッシュが4種類から択べて、前菜3種、サラダ、デザート(ケーキ)が付いている。かなりお得だと思う。
秀峰は、メインディッシュに「ダチョウのステーキ」を頼んだ。鳥肉という感じではなく、「ちょっと硬い牛モモ肉」のような食感だった。どことなく鹿肉のステーキに似ている気がした。味はほとんどないようなもんで、ソースの味しか憶えていない。
単品で「ワニのスパイシーサラダ」を頼んで食ってみたが、ワニはよく聞くように、鶏肉のササミに似た食感で、味も特にクセもなく、まあ普通に美味しく食べられた。
全体的に味付けがよく、盛り付けも上品で、食材はアフリカンだが調味は日本人好みだろう。誰でも抵抗なく食えると思う。中でも、前菜で出たソラ豆のコロッケ「ターメイヤ」がいちばん旨かった。
このレストランがある複合ビル「ゲートシティ大崎」というのが結構おもしろい。、ショップ&フード・エリアは、とにかくゆったり広々とした造りになっている。通路から何から、やたらに広い。日曜のせいか人も少なかったようだ。大崎駅から徒歩2,3分の場所に、こんな無駄な空間があっていいのかと、少々おどろいた。オフィス階には、富士電機とか日本電気、ソニー、ANAなどの関連会社が入っていた。大崎なんて、山手線の中のマイナー駅というイメージだったのが、見事に覆された。まるで、さいたま新都心のような雰囲気だった。誉めていいのか、けなしていいのか、大いに迷うところだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中