投信から一時撤退

去年8月から始めた投資信託だけど、1年も経過しないところで、2本持っていたファンドを両方とも売ってしまいました。私が持っていたのは、日本以外の世界各国に上場する不動産投資信託(REIT)に投資するものです。投資先の50%は米国REITです。
結果、私のファンドの運用益(純手取り額)は、去年8月からの10ヶ月で、
15.9%でした。おかげで、滞納していた国民年金保険料が払えました(^_^;)
まず、ちかいうち、次のことが起こるのではないかと気になっていました。
①今年2度目の世界同時株安
②ドル暴落
③世界REITのバブル崩壊
④J-REIT(国内不動産投信)のバブル崩壊
それで、今までは、私のファンドの基準価額は、世界株式インデックスと対ドル為替レートと、だいたい連動する動きをしていました。ここ数日は、NYダウも史上最高値更新、円安も進行しています。こんな中で、私のファンドの基準価額が下がるのは、今までにない経験です。明らかにREIT要因です。
調べたら、4月中旬から、ヨーロッパのREIT指数と米国のREIT指数が下降中でした。つい先日はオーストラリアREIT指数までも急落して、つられて米国REIT指数も下げるという現象も見られました。これは③がいよいよ始まったのではないかと考えたわけです。急伸し続けたJ-REITも、ここのところ横ばいになっています。加熱しすぎて新規販売を停止するファンドも出てきています。これはどうも、③も④も始まる予感が…。
年内に①が起こるという予測は、何人ものアナリストが指摘しています。ドル暴落論なんて、ずっと前から見られますが、どうも今年のような気がします。根拠ないですが。
米国経済は、サブプライム問題(低所得者向け不動産担保ローンの不良債権)がかなりヤバイと懸念されていたのに、株価は急上昇中、ドルも上昇中、これは逆になにか怪しい。日本も、地価の回復なんてごく一部の地域なのに、流入するマネーが多すぎる。そもそも怪しいJ-REITが、ますます怪しいバブル商品に見えてきた。
さて、次は、株やドルやREITの暴落を待って、投資するタイミングを待ちます。
国内株・債券という選択肢は、考えたこともないんですが、為替リスクが回避できるというのは、すごいことだと思うようになり、今更ながら、国内投資も考えています。
どっちにしても、しばらくおとなしくしていようと思います。
蛇足ですが、大手都銀の1年定期預金よりも、ネット銀行の普通預金の利率の方が、高い。これどういうわけ?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中