マジシャンのタネ

前からマジックには興味あって、昔は、八重洲のプロ用マジック・ショップに出入りしてたこともありました。最近、面白い本を見つけたけど、絶版だったので、ヤフオクで定価(¥880)の約2倍で購入しました。

「人気マジシャンのタネぜんぶバラします」

(裏モノJAPAN 5月号別冊/鉄人社)
…上記のAmazonリンクは「2月号」ですが、その中古商品の中に「5月号別冊」が含まれています。
これ、面白いです! セロやDr.レオンなどのストリート・マジックのタネが、図入りでわかりやすく解説されてます。スタジオで行うクローズアップ・マジックなども載ってます。
まず、「通行人」や「偶然そこにいた客」というのは、みんなサクラだそうです。その上、番組スタッフが映像編集まで行って、ミラクルなロケ風景を作り上げるんだそうです。要はマジック+ヤラセ。
また、スタジオで「適当に名指しされた観客」が差し出す「紙幣」とか「家の鍵」なんかも、実は精密な仕掛けがなされた特殊構造だったりするそうです。なんて原始的なことでしょう。
で、そういったサクラさんたちは、ある宗教団体の経営する劇団に所属しているので、非常に口が固く、決してロケ現場やスタジオでの自分の役割などを口外しないんだそうです。
やっぱりそんなもんだったのか。
この本を読んでいたら、オレも久々にマジックを披露したくなってきた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中