世界同時株安・第2波

[東京 27日 ロイター] 米株急落を起点に、欧州や日本、エマージング市場に株安が連鎖し、円キャリートレードの巻き戻しも発生。世界の金融市場は2月末に起こった世界同時株安の再来を想起させる状況だ。中国株安をきっかけとした2月末とは状況が異なり、国際市場の中心である米国発だけに問題の長期化も懸念される。

5月下旬に「投信から一時撤退」でも触れたけど、ついに「世界同時株安・第2波」が来たようですね。8月に日銀利上げで「来る」んじゃないかとか思ってたけど、ちょっと早かった。どっちにしても、5月下旬に全部のファンドを手放して(利益確定売り)、この日が来るのを待っていたので、とりあえず嬉しい(^_^;)
きっかけが、米国のサブプライム問題による信用不安ということで、こちらも以前からさんざん言われていたけど、いくつかのヘッジファンドの行き詰まりという形で表面化したのは、わかりやすかった。野村ホールディングスも、日本ではいち早くサブプライムローン絡みの損失処理を発表したけど、ほかの証券会社・銀行・ファンドも、ヤバイ債券を保有しているらしく、その規模が予測が付かないそうなので、空恐ろしい。
5月のブログ記事でのシナリオを検証する。
>①今年2度目の世界同時株安
>②ドル暴落
>③世界REITのバブル崩壊
>④J-REIT(国内不動産投信)のバブル崩壊
②…ドル暴落まで行くかどうかは?だけど、今の円高は都合がいい。
③…米国・ヨーロッパは、現在1年ぶりの安値水準まで下落。
   5月に世界REITから逃げたのは正解だった(少し遅かった)
④…6月からの2ヶ月間で20%以上も下落。見事なバブル崩壊。
でも、サブプライム問題の本質は、株式市場の下落にあるのではなく、「不良債権」が、何層にも証券化・肥大化されて、世界中のファンドや金融機関が保有していることにあるようなので、そう簡単に解決がつかないらしい。日本で売っている投資信託の中にも潜んでいるようなので、気をつけなければ…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中