王禅寺のニジマス

川崎市にある管理釣り場「FISH-ON! 王禅寺」に行った。バイクでちょうど1時間。
普段は、淡水では渓流の源流部しか行かないのだが、今は冬の禁漁期間で、つまんないので、いま流行の「エリア・フィッシング」をやってみようと思ったのだ。タレントの「安めぐみ」も、プライベートで穴場のエリアに行っているらしい。
王禅寺は、秀峰の釣りの師匠が以前よく行っていたそうで、いい魚がよく釣れると勧められ、ここに決めた。釣堀でルアーでニジマス釣りというスタイルは、一般的には初心者向けだが、秀峰もルアーについてはまったく初心者なので、道具も新たに購入し、マニュアル本まで買い込んで、張り切って出かけた。結果はこれ↓

実はルアーで釣れたのは5匹だけ。我ながら、やっぱり下手くそだった。
そこで、テンカラ(日本の毛バリ釣り)をやってみた。ややズルいのだが、エッグ・フライ(イクラを模した毛バリ)にオモリを付けて沈めたら、ほとんど入れ食い状態になった。型は小さいが、これなら誰でも釣れるという感じだ。秀峰は、釣れた魚はすべて持って帰って食べる主義だが、このペースではとても食べ切れないと思い、ほとんどの小さい魚はリリースした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中