ダイエット本を買ってしまった

腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」(江部康二・著/ソフトバンク新書)
http://amazon.jp/dp/4797363800/
■カロリー制限必要なし!
■肉・魚・酒すべてOK!
■運動しなくてもOK!
~1週間で2~3kgストンと落ちる!~
この本は、テレビで紹介されているのを観て、図書館で検索したけど見つからないので、Amazonで買ってしまった。著者の江部康二氏は、医師であり糖尿病治療に有効な「糖質制限食」の体系を確立したと言われる、「糖質制限食」の教祖とも言うべき人物だ(医学会では異端かも知れない)。
「ドクター江部の糖尿病徒然日記」
http://koujiebe.blog95.fc2.com/
もちろん秀峰も江部信者であるが、今まで教祖様のご著書を読んだことがなかった。教祖様が、糖尿病患者にではなく、一般向けにダイエット本を出しているのを知り、こんかい購入してみた。ちなみに江部氏は、前に紹介した「糖尿病はご飯よりステーキを食べなさい」の著者とは別人である。
さて肝心の「満腹ダイエット」の本の中身であるが、要するに「糖質制限食」の方法と痩せる根拠を、ひたすら説明しているものだ。そもそも「糖質制限食」とは何か、を知りたい人にはもってこいである。有名なアトキンス博士の「低炭水化物ダイエット」について、江部氏は、「ほとんど同じもの」と言っており、この本の中でもアトキンス式を肯定的に紹介している。ただし、アトキンス式よりも自分の方が、理論的な説明が確固としていると言う。
【私が提唱している「糖質制限食」は、食事のカロリー制限も、運動によるカロリー消費も必要としない、まったく新しいダイエット法。糖質さえセーブすれば、好きなものを我慢せずに食べられます。】
そのほか、衝撃的な記述があったので引用しておく。
【(糖質制限食にすると、)余ったカロリーが尿と呼気で体外へ排出されるようになります。】
【(糖質制限食にすると、)肝臓でカロリーが消費される】
【(糖質制限食にすると、)基礎代謝量が上がる】 
その理由も本書に書いてあるが、これが本当ならスゴイことだと思った。こういうセンセーショナルな記述が、江部はトンデモだと指摘する人の批判を招いているとも言える。

広告

カフェラテとカプチーノの違い

今日は月に1度の働肝日(お酒を飲んで良い日)に決めた日なので、糖質ゼロの発泡酒・キリン「濃い味」(350ml)を買ってみて飲んでいます。カロリーも66kcalと低く、味は悪くないけども、アルコール度数が2.5%〜3.5%と低いので、ちょっと物足りない感じです。
さて本題です。以前から、カフェラテとカプチーノとカフェオレは、どのように違うのか良くわからなかったので、ネットで調べて、だいたい下記の通りだというのを知りました。
カフェオレ(フレンス)…コーヒー+ミルク
カフェラテ(イタリア)…エスプレッソ+ミルク
カプチーノ(イタリア)…エスプレッソ+泡立てたミルク
しかし、どうもカフェラテもミルクを泡立てている気がするので、今日、スターバックスの店員に思い切って「ラテとカプチーノはどこが違うのですか?」ときいてみました。すると、親切にも詳しく教えてくれました。次の通りです。
「カプチーノの方が、ラテよりも、ミルクの泡立て量が多い」
「ラテの方がカプチーノよりミルクが多い」
「エスプレッソの量はどちらも同じである」
「ラテの方が全体量が多く、カプチーノの方がエスプレッソ味が濃い」
つまり、ラテも少しは泡立ててあるということです。あとは、エスプレッソの味の濃さ(ミルク量&全体量)の違いであるということでした。これはあくまでスタバで聞いたことなので、タリーズ等ではどうなのかはわかりません。タリーズは最近は行ってないですが、カフェラテはスタバのものよりもエスプレッソ味が濃かったような気がします。どうなんでしょうか。
以上、話題的には、10年前の感じですが、一昨年にタバコを止めてから、やっとスタバに行けるようになったので、いまさらタリーズと比較などをしています。