35年ぶりのCD化

約35年前、高校生だった私が、カセットテープを擦り切れるほど聴いた曲のジャンルがあった。当時、“メロウ・シティ・ポップス”とか“和製AOR”と呼ばれた日本のポップスだ。

今でいう竹内まりやに近いかもしれない。それが昨今、見直されて、続々とCD化されている。間宮貴子・国分友里恵・伊東ゆかり、この前者の2人は数年前にCD化されていたが、このたび、伊東ゆかりのアルバムがCD化された。これが嬉しくてしょうがない。

オキテ破りで、伊東ゆかりのアルバムの代表曲を紹介する。
http://shuho-net.com/music/SAYONARA.mp3

どうでしょう、今でも十分に通用する感じでしょう。

最近のニュースの中で、このアルバムがCD化されたことが、最も重大なニュースとなっている。共感される方は少ないと思うが、自分にとって、あまりにも大きな出来事だったので、紹介しました。

ミスティー・アワー (生産限定紙ジャケット仕様) Limited Edition/伊東ゆかり https://www.amazon.co.jp/dp/B079VR34HD

広告