今月は悲惨な月だった

4月になったと思ったら、ミゾレが降ったりヒョウが降ったり、気圧の谷が次々と横切ったり、停滞前線が居座ったり、まったく妙な天気だった。おかげで今月は1回しか釣りに行けなかった。体調も悪い。ロクに楽しいことがなかったんで、ブログの記事も、これ1つだけだ。
安倍っちがアメリカへ行った。就任して真っ先に行くのが普通なのに、なんで今までモタモタしてたのだろうか。小泉とちがって、安倍っちは何やら得体の知れないアジアン・カルト系人間と思われているそうで、今回、ブッシュ政権の疑念を解消するような手土産をどっさり持っていったね。
ニューヨークのダウ平均が、ついに13000ドルを超えて3日続伸だ。それなのに日経平均はパっとしない。そもそも、日本だけ、世界同時株安前の水準に戻ってない。来月のM&A三角合併の解禁に向けて、日本の株価は下がったままの状態の方が、買おうとする方には都合がよいワケで…。
1機3億ドルのF-22ステルス戦闘機を100機購入するんだって。そりゃ集団的自衛権の行使を憲法解釈で認めないことには、使えないよな、あんな戦闘機。昨日だか、沖縄でデモ飛行見せてもらったから、ほんとうに買うんだろうなー。イージス艦システムの機密が簡単に漏れるようじゃ、いけませんね。
外交・防衛、特に軍事的には、「独立国家」として振舞ってよい、というお墨付きをアメリカから貰ったみたいだが、代償として、経済では完全にアメリカの51番目の州になるということなのか。
日本は戦後60年、資本主義の国だとか言いながら、官僚支配のもとの統制された「日本的社会主義」の国だったわけだ。そこへ1990年バブル崩壊から15年かけて、小泉・竹中が総仕上げをしたグローバル資本主義とかなんとか、まあアメリカ式の資本主義を持ち込まれて歩み始めた。おかげで、小泉は売国奴と呼ばれることも多いが、「日本的社会主義」をぶっ壊した1点につき、これは歴史的なことをした男だ。
秀峰は、日本社会に顕著な行動規範のなかで、「アンフェアー」なもの、つまり、「根回し」「談合」「暗黙のオキテ」「数多いタブーの存在」などといったものが、イヤでイヤでたまらなかった。中でも典型的な悪習に、「ホンネとタテマエ」の使い分けというのがある。この二重基準(ダブルスタンダード)こそ、今日の神経症的な社会心理(年間自殺者3万人)の土台を造ったのだと推論している。
日本の経済システムは、「資本主義」というタテマエと、「社会主義」というホンネの二重基準で成り立っていたのだ。アメリカ式の資本主義が必ずしも日本の商慣習に適うものとは思えない。だが、少なくとも、とりあえず、「フェアプレー」でやっていかなければならない企業社会になって来たことは、喜ぶべきことである。インターネットの普及で、政治家・官僚・企業などが不祥事を隠し通すことなども、ますます困難になっている。このことも「フェアプレー」社会の追い風だ。
たまには「社会派ブロガー風」の記事も書いてみようと思って書いてみた。稚拙でお恥ずかしい。

恐るべき後厄

去年の本厄では、正式に糖尿病デビューして薬物療法になったり、頚椎症が再発して一時右腕が不具合を起こしたり、惨々な目に遭った。
今年は後厄である。まだ3ヶ月しか経ってないのに、すでに数々の不運に見舞われている。後厄も恐ろしいものだとつくづく感じている。ざっと今年のこれまでの厄を挙げてみようと思う。
①正月早々、血糖値(ヘモグロビンA1C値)が、歴代2位の高い値を記録する。
②原付バイクで、一時停止義務違反の反則切符を切られる。【人生初】
  (変則的な交差点であり、明らかに待ち伏せの狙い撃ち)
③車のライト消し忘れでバッテリーが上がり、レスキューの世話になる。【人生初】
④芦ノ湖のニジマス釣りで、釣果ゼロに終わる。【人生初】
  (例年は、20匹~100匹くらい必ず釣れた。暖冬の影響か)
⑤世界同時株安の影響を、直に受ける。【人生初】
  (結果的に損はしてないが、下がり続けた1週間は悪夢だった)
⑥保冷剤の液が漏れて、釣った魚が液まみれで食えなくなる。【人生初】
こうしてみると、去年の本厄は健康被害で、今年の後厄は、細かい不運と不注意の連続攻撃のようだ。ひとつひとつは、それほど深刻な事態ではないかも知れない。しかしこう【人生初】のことが続くと、妙に気になってしまう。
特に、クルマ関係の不祥事は、心理的に大きなダメージを受けた。いまでも、白バイやパトカーを見るとビクっとするし、テレビで「警察24時」みたいな番組をやっているとチャンネルを変えてしまう。また、車を駐車しておいて、発車するときには、エンジンがかかるかドキドキする。
この程度の出来事で、こんなに神経質で弱気になってしまうこと自体、年齢に応じて、ものごとに対して保守・保身へと気持ちが傾いている証拠だろう。やはりそういう年齢、つまりは後厄のなせる業かなと思う。それより、こんな記事を書いている今現在の瞬間が、弱気の状態だということだ。

無料ロードサービス

きのう、山梨の道志村へ釣りに行ったときのこと。魚はぜんぜん釣れず、結局「ゼロ匹」という惨たんたる結果だったが、釣りを終えて車にもどると、さらに悲惨な出来事がまっていた!
車は、国道から脇へ入った林道に止めてあったのだが、川から上がって車に戻ったところ…エンジンがかからない!
よく見ると、ヘッドライトのスイッチが入ったままだった。そう、典型的な「バッテリー上がり」だ。車を止めた所の手前の国道にトンネルがあったので、そこでヘッドライトを点け、そのまま車を止めて釣りに出てしまったのだ。「ライト消し忘れでバッテリー上がり」なんて、ドライバー人生で初めての失態だ。しかも、こんな山の中で。
車を止めた林道は、ほとんど廃道のような雰囲気で、通りかかる車もない。とにかく、JAFでも呼ぼうと、車常備の関係書類をさがしてたら、たまたま「無料ロードサービス」と書いてあるパンフレットが目に入った。そうだ、加入している自動車保険に、「無料ロードサービス」が付いていたのだ。これは使えそうだ。JAFは未加入だから、呼んだらけっこう金がかかる。さっそく保険会社へ電話することにした。そしたら、なんと携帯が「圏外」だった!
さあ困った。しばらくその状況を冷静に考えてみた。とにかく、この林道にとどまっていても何も解決しない。国道まで出れば、携帯の電波も入るかも知れない。そこで、国道まで歩い出てみた。しかし、やはり「圏外」だ。そこで、やはりあてもなく国道を歩き出した。すると、運良く10分くらい歩いたところに、食料品店を発見!
公衆電話はなかったので、お店の人に事情を話して、電話を貸してもらった。そこから保険会社に電話したら、30分後にはレスキューの車が来てくれた。「バッテリー上がり」だけなので、作業はすぐ終了した。現場で30分以内の作業なら、どこで呼んでも無料だそうだ。実際、レスキューの車は、現場から25kmくらい離れたところにある業者さんだった。
ちなみに、秀峰の加入している自動車保険は、「三井ダイレクト」という会社で、販売店は、「NTTイフ」というネット上の代理店だ。保険の加入や継続の手続きもネットで済んでしまう(クレジットカード払い)ので便利だ。そのうえ、「無料ロードサービス」も、ちゃんと使えることがわかった。JAFのように会費もいらないので、これは使える。他の自動車保険会社でも、「無料ロードサービス」が付いているものが多いので、ぜひオススメしたい。いや~助かった。

バブルへGO!!

公開中の映画「バブルへGO!!」を観てきた。あのホイチョイ・プロダクションズ製作の映画ということで、なつかしいホイチョイ3部作映画を思い起こさずにいられない。「私をスキーに連れてって」、「彼女が水着にきがえたら」、「波の数だけ抱きしめて」は、ちょうど秀峰が大学時代に公開されたものだった。社会人になると同時に、バブルは絶頂期で、保守派の秀峰までも、六本木のディスコだのに足を運んだくらい、あの時代の勢いは凄かった。狂っていた時代だが、今になってどこか懐かしく、それに符合するかのように、若者文化の象徴であったホイチョイ映画が舞い戻ってきたようなのだ。
ストーリーは、主人公らがタイムマシンで1990年の東京へタイムトラベルする、という内容しか知らなかったが、実際は意外にも、もっと細かい展開があって、とにかく面白かった。バブル期の時代考証をしてやろう、という意気込みもあったのだが、そんなヒマはないくらい、飽きさせないストーリー展開だった。
いちばん気になっていたのは、バブルを象徴する音楽(楽曲)として、何が出てくるかということだった。バナナラマかマイケル・フォーチュナティあたりかと予想していたが、これが、「君の瞳に恋してる」だった。この曲は60年代からあり、いろんなアーティストがカバーしているが、「バブルへGO!!」のは、ボーイズ・タウン・ギャング版であった。ディスコと言うより、エアロビクスの曲っぽい感じだが、浮かれていたバブル時代を表現するにはちょうど良かったかも知れない。他に、M.C.ハマーとか、C+Cミュージック・ファクトリーだったかな、流れていた気がする。
最後になるが、ディスコのテーマパークだった六本木のスクエアビルは、今はキャバクラばかりになってしまってるそうだ。そんな中、スクエアビル地下には、密かにバブル期を経て、「Birdland」という老舗のジャズクラブが生き続けている。映画の中でも、一瞬、過去と現在に「Birdland」の看板が映っている。これを見た時、流石に芸の細かいホイチョイ作品だと思った。

投資信託の経過

昨年、初めて投資信託を買いました。それがちょうど今日で半年経つので、今日の基準価格で収益率を計算してみました。(ファンド選びは、銀行や証券会社の窓口にも行かず、販売員にも会わず、独断でネット購入しました。なんとなく世界REIT(不動産投信)に魅力を感じ、直感で選んだものです)
ワールド・リート・インカム】 『愛称 : 世界家主倶楽部』 (興銀第一ライフ)
2006年8月1日購入 6ヶ月経過で、収益率:22.4%
この収益率の計算では、購入時の手数料・解約時の手数料・源泉所得税などの全部の費用を差し引いてあります。「もし今日付けで解約したら、実際に手元に残る金額」(時価)から、投資額(実際に支払った金額)を引いた、手取り金額(収益)を、%で示したものです。仮に100万円を投資したとすると、半年後に解約して、22万4千円の儲けが出た計算になります。
もう1本、その後に買ったファンドも、同様の計算をしてみたところ、けっこう好調です。
グローバルREITオープン】 (野村)
2006年10月1日購入 4ヶ月経過で、収益率:13.6%
モーニングスター情報(2007-1-31)
「世界家主倶楽部」→1年トータルリターン:39.0% 純資産:3,963億円
「グローバルREITオープン 」→1年トータルリターン:35.1% 純資産:6,658億円
世界REITは昨年から好調のようです。過去1ヶ月の純資産増加ランキングで、上記の2ファンドは、どちらも15位以内に入ってます。「それ行けやれ行け」のファンドになっちゃいました。ちなみにJ-REIT(日本国内のREIT)もこのところ好調のようですが、こっちはなんとなくバブル臭い気がします。市場自体が、構造的にアンフェア・インチキ臭いイメージが根強いです。

小型船舶免許

今日、小型船舶免許の更新のため、手続き・講習会に行ってきました。2回目の更新ということは、免許取得して10年です。早いものです。
平成15年に船舶職員法の大幅改正があったため、いろいろ環境が変わりました。1級~5級だった区分が、「1級」「2級」「特殊」の区分に変更されていて、4級だった私は、「2級+特殊」になりました。自動的に4級→2級となったので、なんだか得した気分です。ちなにみ「特殊」とは、水上オートバイ専用の免許です。
2級になって、以前は操船できる船舶の排水トン数上限が5トンだったものが、20トンに増えました。これでたいていのクルーザーはOKになりました。また、旅客を輸送する船でも講習不要で操船できるようです。観光船の船長を目指せます。
逆に規制が厳しくなった面もあります。最も影響するのは、「飲酒操船が禁止」になったことです。以前は、意外ですが飲酒操船は違法ではなく「マナー」の問題でした。それが、法的に規制されてしまいました。船上パーティーが制限されてしまいます。ボート釣りの時もよく酒を飲んでたので、これは痛いです。

南八ヶ岳縦走

tenboso.jpg
15日・16日で、夏山登山に行きました。登ったのは、もう何度も行っている八ヶ岳です。八ヶ岳の主峰・赤岳(2899m)をメインに、横岳、硫黄岳と、南部の3つのピークを回りました。コースは次の通りです。
【1日目】
小淵沢I.C.→原村→美濃戸(駐車)
南沢→行者小屋→文三郎尾根→赤岳→赤岳展望荘(泊)
【2日目】
赤岳展望荘→横岳→硫黄岳→赤岳鉱泉→北沢→美濃戸
(車)→もみの湯(原村の温泉施設)→小淵沢I.C.
まったく同じコースを数年前にも行きましたが、その時は山小屋2泊でした。今回は少しキツくて、ヒザ痛に悩まされながらの歩行になりました。
泊まった山小屋の赤岳展望荘は、水洗トイレ、風呂もあり、食事はバイキングでけっこう旨く、いたって快適でした。個室も大量にあり、女性や家族連れには特にオススメです。そうだ、ウエルカムドリンク(コーヒー他が飲み放題)もありました。ただし、飲料水が500mlペットボトルを購入するしかなく、それも500円もしました。
天気があまりよくなくて、景色はイマイチでしたが、本降りの雨には遭いませんでした。歩行中、特に急登りと急下りの時にヒザ痛がひどくて、数回転倒してしまいました。無事に帰ってこれて何よりです。

DVDプレイヤー購入

Symtec_DVD.jpg
DVDプレイヤーを買いました。
Symtecというメーカーの「Vieuse+ DV-2000」という製品です。
ヤフオク新品で3300円で落札しました。
特徴は、通常はパソコンでしか再生できない映像・音楽のデータファイルを、このプレイヤーで再生できるところです。
例えば、Mpeg1/2、Mpeg-4(Divx、WMV)などの映像ファイルや、mp3、WMV、WAVなどの音声ファイルを、パソコンでDVDディスクに焼いておけば、作成したディスク内のファイルをこのDVDプレイヤーで再生できるのです。
もう一つの特徴は、SDカードスロットとUSBポートを持っているところです。映像・音楽ファイルを、いちいちディスクに焼かなくても、SDカードに保存したり、ポータブル・ハードディスクなどに保存しておけば、カードスロットやUSBポート経由で再生できます。つまり、ハードディスク・プレイヤーとしても動作するのです。この点が、このDVDプレイヤーを購入した最大の理由です。私の場合、映画や音楽は、何でもファイルとしてハードディスクにコレクションしているからです。
映画のDVDを借りてきて自分のコレクションにする手順は次のようになります。
①レンタル屋で借りたDVDを、PCを使ってリッピング(HDDにコピー)します。これには「DVD Decrypter」というフリーソフトを使います。このソフトは、コピープロテク
トされた映画などでも、暗号を解読してVOBファイルに変換してくれます。
②HDDにコピーしたVOBファイルを、DivX形式で圧縮します。「SimpleDivX」というフリーソフトを使います。VOBファイルはMPEG-2ですから、映画では7GBくらいあるので、ちょっと大きすぎます。なので、それを1GB程度まで再圧縮(1500bps)してPCのHDDに蓄積・保存しておきます。
③出来上がったDivX形式のaviファイルを、必要に応じて、PCからポータブル・ハードディスク(40GB)にコピーして、それをDVDプレイヤーに繋いで、大画面テレビで鑑賞します。
しかし、Divxというのは、よく聞くように、スグレモノですね。データ量が10分の1になっても、映像・音声の劣化はあまり気になりません。音楽は、携帯mp3プレイヤーをこのDVDプレイヤーのUSBポートに繋いで、mp3プレイヤー内の音楽データを、DVDプレイヤーで再生することもできます。

月初なので…

今日から8月です。今月からなぜか新しいことをいくつか始めました。
ガソリンは、昨日、満タンにしておきました。
投資信託を始めました。国債以外は何も購入経験はなく、事前の勉強もナシです。買ったのは、「世界家主倶楽部」という愛称のもので、ほとんど直感で決めました。
高血糖値対策に、「桑の葉茶」「シークワサー果汁」「ビタミンCサプリ」を飲み始めました。しかし、もし効いたとしても、どれが効いたの判別できません(^_^;)
友人の作家から、新刊を出すとの連絡がありました。
「バナナボーイズ・カフェ」/孝岡真理/郁朋社
8月10日頃に店頭に並ぶそうです。
確実に置いておかれるのは、次の書店だそうです。
・銀座わしたショップ2F書籍コーナー
・吉祥寺パルコ6F「ヴィレッジ・ヴァンガード」
・新宿・紀伊国屋タカシマヤタイムズスクエア店
・渋谷ブックマート
以上、自分の備忘録でした。

観たよ「時をかける少女」

いま上映されているアニメ版「時をかける少女」を観てきました。
オレのマイミクさんが紹介してる日記を読んで、観たくなったので。
主人公の通う高校の校舎や校庭の風景が、やけにリアルで、なおかつ懐かしく感じた。それも「なんか見憶えあるなー」と何度も思ったのが不思議だった。
それで、物語が終わって、エンディングのスタッフロールを見ていたら、「撮影協力」の中に「東京都立▲▼▲高等学校」と出てきたではないか。うわ、我が母校じゃん!アニメでも実在の景色をモデルにしてたんだ。
やっぱりあのシーンは、オレが「息を切らし走り抜けたあの校庭」(by 山崎まさよし)だったのか、という感じで、なんともノスタルジックな感傷に浸れた作品でした。