飯山温泉 元湯旅館

5月27日~28日、神奈川県にある、飯山温泉「元湯旅館」に泊ってきた。自宅の八王子からはクルマでわずか1時間ちょっとなので、その前に、大山(おおやま)にある「大山阿夫利神社」を参拝することにした。

大山のその神社までは、ケーブルカーで登れるので、その駅の近くまで車で乗り付け、テキトーに民家が庭を駐車場にして経営している(1日¥1000円)駐車場に車を止めた。駐車場からケーブルの駅まで、15分ほど階段道を登る。

途中で、大山の名物の豆腐を食べたりしながら、順調にケーブルカーに乗り、「大山阿夫利神社」までたどり着いた。お参りをして、志納でもらえる湧水を汲んで、帰ってきた。帰りのケーブルカーは混んでいたので20分くらい並んだ。

さあ、楽しみの旅館までは30分くらいで着いた。この飯山温泉「元湯旅館」は、とても情緒ある造りで、サービスも一流、食事も旨い、部屋に露天風呂が付いていた。この客室は無料でグレードアップしてくれたとのことだ。いろんな旅館を泊ってきたが、ここは本当に一流旅館だった。

そのせいか、テレビドラマの撮影などに使われることも多く、我々も2日目の朝ちょうど、ドラマ「デイジー・ラック」(NHK総合)のロケに遭遇した。
徳永えりさん、夏菜さん、佐々木希さん、中川翔子さんという美女4人を間近で観られて感動した! みんな、テレビで見るより、生の方が格段に美人で、小柄だった。

首都圏の神奈川県に、こんな風情のある名旅館があるのに驚いた。

広告

硫黄泉の日帰り温泉

東京都あきる野市にある日帰り温泉施設へ、最近よく行ってます。
ここ1年半くらい、週に1度は訪れる温泉施設で、下記のところです。
阿伎留の四季(あきるのとき)
http://www.akirunotoki.com/
ここの目当ては露天風呂で、これが人工温泉ながら、ちゃんとした硫黄泉なんです。乳白色のにごり湯で、ときどき青っぽかったり緑っぽいこともあります。湯の花も硫黄の臭いも本格的です。まるで万座か日光湯元にいるような気分を味わえます。湯温は41℃で、ちょうどよい加減で、広さも20畳くらいはある岩風呂です。人工温泉といっても、タンクローリーで運んできた天然温泉を循環させているよりは、かえってお湯の品質も安定していそうだし清潔感があります。
最寄駅は、JR五日市線の「秋川駅」(立川駅から24分)です。駅から徒歩7分の住宅街の路地裏にあって、大きい道路からは見えないため、地図などを見ながら狙って行かないと発見できません。車だと、圏央道「あきる野I.C.」から7分くらいです。
とにかく客が少なくて静かで、隠れ家的な穴場です。今日、入浴中の客を数えたら、9人でした。硫黄泉の露天風呂も、たいてい、ひとり占め状態になります。個別ソファーの無料休憩処も、必ず空いているので、湯上り後もゆっくりできます。これで料金は、会員なら90分で500円と、銭湯なみにリーズナブルです。この値段で、整髪所にはアフターシェイブもヘアトニックも備えてあります。
土日に行ったことがなくて、どのくらい混んでいるのかわからないのが難点。誰か土日に行ってみてレポートしてくれませんか? あと、食事処も、秀峰は使ったことないので、どんな様子か知りたいです。
ともかく平日が休みになった時は、この日帰り温泉施設を訪れてみるのをオススメします。

熊野詣でに行きました

10日(土)~11日(日)に1泊2日で、和歌山県の熊野に旅行に行ってきました。
こんな場所です↓
http://www.mikumano.net/nyumon/kumano.html
南紀白浜空港から行きたかったのですが、チケットがどうしても取れず、往復ともJRの列車になりました。熊野まで、片道7時間とキツかったけど、東海道新幹線に27年ぶりに乗れたのには、ワクワクしてしまいました。N700系「のぞみ」は初めてでした。車内に喫煙ルームが設置されていて、非常に助かりました。
今回、訪れたスポットは以下の通りです。
熊野三山(熊野速玉大社・熊野本宮大社・熊野那智大社)、神倉神社、青岸渡寺、飛瀧神社(那智の滝)、熊野古道(大門坂)
宿泊は、本宮町にある「わたらせ温泉」(ホテルささゆり)という所です。
http://www.watarase-onsen.jp/
西日本最大の露天風呂があり、お湯も良かったです。お料理もサービスも大満足でした。同じ敷地内に「ホテルひめゆり」と「ホテルやまゆり」という棟もありますが、泊まったのは「ホテルささゆり」で、ここが3つの中で最もランクが上で、超オススメです。
それにしても、2日間よく歩いた。神倉神社(新宮市)は、話題のパワースポットなんだが、参道の石階段がものすごく急なことでも有名。確かに凄かったけど、登山をやる人間としては、どうということはなかったな。熊野古道の大門坂から那智山の周辺も、かなり長く歩いた。

これだけ歩いたからいいだろうと、ソフトクリーム・まんじゅうなど、普段は絶対に食べないスイーツや、和歌山名物の「めはり寿司」、牛丼といった炭水化物モノもけっこう食べてしまった。

川治温泉へ行ってきた

昨日・今日と、栃木県の川治温泉へ行ってきた。
全国で激安の温泉ホテルを運営する「伊東園ホテル」グループの宿だ。
川治温泉「一柳閣本館」
http://www.itoenhotel.com/hotel/ichiryukaku/
1泊2食で¥6800と、安い民宿並みの値段だが、なかなか立派な建物で、お風呂も施設もけっこう良かった。食事は、朝食も夕食もバイキングで、内容は、普通の居酒屋で出る料理という感じで、味付けも無難だった。
特筆すべきは、夕食時に、生ビール・焼酎・日本酒・サワーなどのアルコール類も、飲み放題ということだ。これは酒好きの人にとってはかなりお得なサービスだ。
それと、池袋駅からの往復送迎バスが+¥2000で利用できるので、今回、1泊2食+交通費の合計旅行費用が、¥8800で済んでしまった。
チェックインが13:30、チェックアウトが12:00と、とてもゆっくりと滞在できるのも良かった。
激安温泉ホテル・グループの「おおるり」よりは¥3000ほど高いが、ホテルの施設は良いし、卓球・カラオケといった娯楽施設が無料で利用できる。何より、飲み放題付きはポイントが高い。
夕食バイキング時に感心したのが「全自動・生ビールサーバー」という機械だ。グラスをセットしてボタンを押すだけで、自動的にグラスが傾いて生ビールが注がれ、最後はまたグラスが縦に戻って、ちゃんと上部に泡が盛られるのだ。

新穂高温泉「佳留萱山荘」

21日~22日で、岐阜県の新穂高温泉へ行った。
新穂高温泉は、奥飛騨温泉郷の中でも最も山深い位置にあり、北アルプスの穂高連峰の登山基地でもある。蒲田川の清流に面した巨大な露天風呂を持つ温泉宿が多くある。場所のイメージとしては、「上高地から岐阜側へ、ひと山こえたところ」という感じである。
マイカーで行くには遠いので運転が大変だ。となると、長時間のバス乗車が必須となり、なかなか行きにくい温泉地だ。鉄道だと、長野県の松本駅か、岐阜県の高山駅になるが、どちらからでも、バスで1時間30分以上かかる。
その交通の便の悪さから、今まで行きたくてもなかなか機会がなかった。しかし、そろそろ近場の温泉地のネタが尽きてきたので、意を決して行くことにした。今回、マイカー以外では最も交通費の安い「高速バス+路線バス」という手段を用いた。往復で、11460円である。次のとおりだ。
新宿 → 高速バス4時間30分 → 平湯温泉(奥飛騨温泉郷の入口)
平湯温泉 → 路線バス40分 → 新穂高温泉
宿泊した宿は、これも以前からぜひ行きたかった宿である。JTBでネット予約した。
奥飛騨温泉郷/新穂高温泉 水明館 佳留萱山荘(日本秘湯を守る宿)
この宿の「大露天風呂」は、日本全国でも3本指に入る大きさの「混浴露天風呂」として有名だ。別に混浴に拘ることもないんだが、「秘湯・一軒宿・巨大露天風呂」というコンセプトで探すと、たいてい混浴なのだ。
露天風呂は庭園風で、3つに仕切られた湯船は、ざっと見たところ、テニスコートくらいはある。しかも、巨大な岩によって囲まれている。5m四方くらいはある一枚岩や、高さ8mくらいの岩山から湯が流れ出ている。1方は蒲田川の川原に面している。非常にダイナミックでワイルドな露天風呂だ。岩を組み合わせて作られた洞窟もある。宝川温泉「汪泉閣」の3つの混浴露天風呂を、1ヶ所に集めたくらいの広さはある。
食事も1.5k円クラスの宿としては、まあまあ納得のいく内容だった。飛騨牛のステーキと、アマゴ(関西版のヤマメ)の塩焼きなど、地元の食材も楽しめた。ただ、山荘とあるように、建物や内装は決して豪華ではない。隣の部屋の音がけっこう聞こえてしまうので、若いカップルは要注意だ。でも、宿の人のサービスは良かったので、総合的には、わざわざ5時間以上もバスに揺られて行っても、満足のいく宿だった。2日目の朝は、宿の人が西穂高ロープウエイまで車で送ってくれた。
2日目はまず、ロープウエイに乗って、西穂高岳の中腹へ行ってみた。周りは一面の雪で、景色も曇っていてよく見えなかった。この時期では早すぎの場所だった。そのあと、ロープウエイを降りて、徒歩で、「深山荘」という宿へ立ち寄り湯に向かった。ここの露天風呂もかなり大きくて、目の前を蒲田川が流れている。お湯に浸かっている間に、雪が降り出した。本降りになった。
次に、帰りの高速バスの出発地である平湯温泉へ向かう。平湯温泉には、「ひらゆの森」という、かなり規模の大きい日帰り温泉施設がある。宿泊もできるのだが、今回は立ち寄り湯にした。
実は、リゾートアルバイターをしている友人のオカチン(という呼び名だが、10才くらい年下の女性である)が、最近この「ひらゆの森」で働いているという情報を得ていた。アポなしで、会えるかどうかもわからず行ってみたら、いきなり受付の女性と目があって、よ~く見ると、オカチンだった。西表島で会って以来、6,7年ぶりである。いつも妙なところで再会するものだ。仕事が受付なので、あまりムダ話をするワケにもいかず、あいさつ程度しかできなかった。
「ひらゆの森」は、バスターミナルから徒歩3分くらいで便利だ。お風呂も男女合わせて13個もあるそうだ。食事処も休憩所もある。これで500円なので、激安だと思った。露天風呂では、雪が本降りなので、ちょっと上半身などをお湯から出すと冷たい雪に襲われてしまう。それで、あまり長居することができなかったが、ちょうど高速バスの時間になったので、帰路についた。
新穂高温泉には、今回訪れた2つの宿以外に、まだ行かなければならない宿が3つある。「穂高荘 山月」、「穂高荘 山のホテル」、この2つの宿の露天風呂は、外来入浴を受け付けていない。なので宿泊で行かなければならないが、2つの宿は同じグループなので、どちらかに泊まれば、もう1方のお風呂に入ることはできる。それから、3つ目は、「槍見館」、ここは、今回時間があれば行く予定だったが、さすがに1日に4つのお湯に入る余裕はなかった。
5時間半のバス旅行、思ったほど大変ではなかったので、また新穂高温泉を訪れようと思う。

奥日光へ行きました

12日~13日で、奥日光湯元温泉へ行ってきました。
奥日光はすでに雪景色、滞在中もしばらくの間小雪が舞い散ることもありました。
利用した旅館は「日光湯元温泉 おおるり山荘」です。
そう、知る人ぞ知る激安ホテル「おおるりグループ」の宿です。
今回、3名1室の1泊2食と、都心部からの往復送迎バスが付いて、1人5775円でした。もし4名1室だったら4725円。交通費込みでこの値段、他の追随を許さない激安ぶりです。
1部屋の人数と曜日により若干の金額差がありますが、極めて単純な料金体系で、年間を通じて同じ、それに、他のグループホテルもどこでも同じ料金です。予約も電話1本で完了、あとは当日に送迎バスの出発地へ行くだけです。精算はチェックアウト時。こうした簡単な旅行手続きも、「おおるり」を支持する理由です。
「おおるり」は、賛否両論ありますが、秀峰は肯定派です。なにしろこの安さだから、不満点があっても許せてしまうのです。ちょっとした飲み会くらいの出費で、温泉1泊旅行に行けてしまうのは、まったくありがたいものです。お金はあるけど余暇時間の乏しい一般の人なら、せっかくの貴重な休暇なので、ケチらずに良い宿を択ぶ方がよいでしょう。反対に、時間はあるけどお金はない、という秀峰のような人には絶対にオススメです。平日の客室稼働率の高さが、激安の理由のひとつらしく、ターゲットの客層と、実際のリピーターの多くは、老人の団体です。そのため、どの宿にもダンスホールが用意されています。今回も、我々以外の宿泊客は、ほぼ全員、60歳代以上だったと思います。
秀峰は、塩原、湯西川、草津などの「おおるり」へ行った事があり、今回の日光湯元も2回目です。今まで行った中では、施設の新しさ、全室レイクビューの好立地、乳白色の硫黄泉など、最も良いと思ったのが日光湯元でした。食事は、宿によって内容は違うのですが、まあ平均的な「おおるり」のレベル(国民宿舎かユースホステル程度)でした。午後1時過ぎにバスが宿に到着すると同時にチェックインできるので、非常にゆったりのんびりできました。

やっぱり万座温泉

10月27日~28日で、群馬県の万座温泉へ行きました。前回は「万座温泉ホテル」でしたが、今回はその時に立ち寄り湯をした「万座高原ホテル」です。このホテル、以前は「万座高原ロッジ」という名前でしたが、この4月から「万座高原ホテル」に改名されました。プリンス系ホテルです。
今回は、クラブツーリズムのバスツアーでした。平日泊なので、交通費込み、1泊2食に、リンゴ狩りだの紅葉狩りも付いて、¥15980(安い!)でした。メンバーは、温泉仲間である作家のI氏と会計事務所員のM氏との3名です。同じメンバーで過去に何度も秘湯へ出かけています。万座温泉にしたのは私の全面的な推奨によるものです。とにかくお湯がいい。やっぱり地表から自然湧出している硫黄泉は火山帯ならではで、ちゃんとした天然の乳白色です。
「万座高原ホテル」のお風呂は、内湯のほか、6つの庭園露天風呂(混浴)+女性用露天風呂があります。源泉が3種類あるので、いろんなお湯が楽しめめす。ただ、庭園露天風呂は、谷間の立地なので、見晴らしはよくないです。
今回は、立ち寄りで、「万座プリンスホテル」のお風呂にも行きました。3つ露天風呂(混浴)があり、こっちの方が眺望が良く、お湯も良かったです。外来湯料金も、宿泊ホテルが同じプリンス系なので無料でした。
これで、万座温泉の3大宿のお風呂を制覇しましたが、それでもまだ万座へ行きたいです。次は「豊国館」かな。ここは有名ではないが泉質が万座で1番とも言われる宿です。ただ、万座温泉って、交通手段が問題です。最寄り駅からバス40分だし、最寄の高速インターからも1時間はかかります。まあ、それだけ山奥の大自然の中にあるのだから仕方ないですね。

蓼科の親湯

毎年この時期になると、秀峰家代々のお墓の掃除&お墓参りをしに信州へ行っている。実家の家屋はすでに消滅していて、お墓だけが信州に残っている。自分が入る予定のお墓でもあり、お掃除だけはちゃんと遠征している。
白樺湖や蓼科に近い所なので、昔は日帰りしていたが、最近は体力的にキツイので、八ヶ岳山麓の秘湯一軒宿に泊まることが多い。今回はなぜか、普通の温泉地にあるポピュラーな宿に泊まってみたくなり、蓼科温泉の「親湯」という宿に泊まった。
予想どおり、お湯は、単純泉・無色透明・循環・塩素の香りと、まるで良いところなし。でも、渓流沿いで森に囲まれ、滝の音が聞こえる良い立地、施設も部屋も綺麗で、なぜか館内はJAZZが流れている、かなりオシャレな宿だった。
食事がすごく良かった。どうせ山菜の天婦羅と岩魚の塩焼きあたりが出てくると思ったら、なんとフレンチだった。和室の部屋出しなのに、ワインから始まって、前菜、フォアグラのソテー、真鯛のポワレ、シャリアピンステーキなどが出てきた。どれもすごく旨かった。カボチャの冷製ポタージュも絶品だった。最後に意表をついて、スープカレー(ライス)が出た。これも旨かった。
料理長が元フレンチのシェフだったそうだ。お湯はアレなんだけど、食事目当てだけでも、行く価値ありの宿だと思った。

万座温泉に行きました

4月2日(土)~3日(日) 群馬の万座温泉に行きました。
宿は「万座温泉ホテル」です。
東京駅からの往復直行バス付きのプランで、Webで予約。
8:30東京駅八重洲口近くの駐車場を出発。バスは日の丸交通でしたが、外装は万座温泉ホテル専用になってました。13:10 宿に到着。
【お宿】
万座最古の源泉を持つ歴史あるお宿。敷地は広く、部屋タイプ別に、本館、別館、ゆけむり荘の3種類の建物が中で繋がっています。値段もその順番で、秀峰は別館のプランで行きました。
【お湯】
源泉は自然自噴(地表から湧出)、100%かけ流しだけあって、ものすごく良いです。お宿の敷地内に自噴する源泉から引いた9種類の泉質の浴槽があります。基本は酸性硫黄泉で乳白色、湯の花たっぷり、とにかく濃いです。「鉄湯」とか「ラジウム湯」もありました。この2つを除き、24h入れます。源泉の温度は60度くらいなので、加水で温度を下げてますが、成分はそれほど薄まらないでしょう。透明度と温度は浴槽ごとにいろいろで、時間によっても変わるようです。3つが露天風呂、すべて男女別です。
<翌日>
チェックアウトは10時ですが、直行バスプランのお客は、「控え室」を使うことができて、帰りのバス15時発まで、控え室でゴロ寝したりお風呂に入ったり飯を食ったり、外出して別のお宿の立ち寄り湯をしたり、とてもゆっくり過せます。
【万座高原ロッジ】 
万座温泉ホテルから歩いて15分のところにあるプリンス系のホテルです。お昼過ぎに立ち寄り湯に行きました。ここは、7つの混浴石庭露天風呂があり、混浴業界では非常によく知られたお宿です。千円で立ち寄り入浴できます。タオルは貸してくれますが、水着やTシャツは禁止なので、女性はバスタオル持参が基本です。
お湯はグリーンの硫黄泉でした。浴槽によって、湯温と深さがいろいろですが、源泉は同じだと思います。お湯は濁っているし、脱衣所は完全に男女別で、女性専用の浴槽も1つだけあるので、混浴しても恥ずかしくない度は高いです。お湯は見た目ほど濃くなく、万座温泉ホテルのようには感動しませんでした。
<帰り>
宿を15時出発の直行バスで、東京へ向かいました。東京駅到着は20時でした。
ちょっと帰路の時間設定が遅いですが、2日目も午後3時まで現地で遊べるので、なかなか充実感がありました。長いバス乗車も、思ったより疲れませんでした。