ほったらかし温泉

今日は本当は友人のコントン土谷と東京湾にシロギス釣り(手漕ぎボート)へ行く予定だったんだが、オレの体調不良のため、釣りはキャンセル。代わりに療養を兼ねて日帰り温泉に行った。家の玄関までクルマで迎えに来てもらい、全部の行程をコントン氏に運転してもらい、とても楽チンなドライブであった。しかし、助手席でも、長時間のドライブは、半病人のオレにとっては、ちょっと疲れた。
行ったのは、山梨県にある「ほったらかし温泉」という日帰り温泉施設だ。ここは、数年前から狙っていて、当時は口コミでしか情報もなく、高台にあって眺望が良く、富士山がよく見えるらしいということしか知らなかった。何より「どこにあるのか、どういう道順で行くのか」がよくわからないという、知る人ぞ知る丸秘スポットであった。
最近は、TVで紹介されたり、バスツアーに組み込まれていたり、すっかり有名な観光スポットになってしまった。中央高速の勝沼インターで降りてから、ちょっとわかりにくい道順だが、すぐ近くにできた「笛吹川フルーツパーク&フルーツパーク富士屋ホテル」を目指して行けば、そこからは「ほったらかし温泉」の看板が整備されているので、難なくたどりつける。
林道っぽい道を登りつめたところに、施設はあった。駐車場も大きいし、規模も意外に大きい。ものすごい混雑だった。お風呂棟は2ヶ所あり(「あっちの湯」「こっちの湯」)、入口も建物も別になっている。料金はどちらも600円だ。我々は下の方にある「あっちの湯」に入った。ちゃんと洗い場も内湯もあり、露天も3つの湯船があった。
お湯は、なんの面白味もないアルカリ性単純温泉(無色)で、どうも塩素くさい。露天風呂は温度がかなりぬるめ。お湯は期待しないほうがよい。露天風呂からの眺めは確かによい。富士山は5合目あたりから上がよく見えた。たまたま、近くの山で山火事があり、その煙もよく見えて、ノロシのようだった。
眺望・景色を重視する人は、かなり評価できると思う温泉だ。秀峰の様な泉質派にとってはイマイチ。これからも続くであろう大混雑を考えると、当分は行かなくてもよい感じだ。ここのポイントは、「ほったらかし温泉」という奇抜なネーミングにもあると思うので、話のタネにいちど行ってみるのは良いだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中